明治大学「総合数理学部 現象数理学科」のご紹介

自然界に存在する様々な生物の模様複雑で美しい模様は一體どのようにつくられているのか例えば、そんなモノ・コトから現れる複雑な現象を數學で解明する學科それが現象數理學科現象數理學科は自然や社會の複雑な現象をモデル化し數學と情報技術を駆使して社會の問題解決に生かす學科です集大成となる卒業研究では、數學だけではなく物理學、化學、生物學さらには醫學の分野から金融や保険・年金、経済や社會現象まで幅広いテーマを扱いますそれだけに活躍できるフィールドも広く卒業後は、教員をはじめ金融業、情報サービス業など多方面に進路を開く可能性にあふれています學科では現象を読み解く現象を數式にする數理科學と社會を結ぶという3つの目標を掲げ數學を多様な分野に活用できる力とセンスを備えた人材を養成しますさまざまな現象を數學で扱うためには現象を読み解き數式にしなければなりませんそのようなモデリングやコンピュータの基礎を學ぶことで現象數理學のベースを固めますモデリングで導き出した數式をコンピュータの中で仮想的に実験するシミュレーションや結果を可視化する技法を學びコンピュータを思考の一部として扱える力を養います金融や保険などのリスクの解析や、生物學や醫學、物理學におけるモデリングの手法など數學と社會をつなぐ知識と柔軟性を養います複雑な現象の背景にある普遍的な數理構造を學びます數學の美しさを実感するとともに、現象解明やイノベーションに必要な新しい數學を學びます現象數理學の最先端の研究に挑戦し深い専門性と問題解決能力やコミュニケーション能力企畫力を身につけますここでちょっと授業をのぞき見これは偏微分方程式とシミュレーションの授業この講義では多くの現象の解明に用いられる偏微分方程式の基礎について學びます授業ではモデリングで導き出した偏微分方程式のシミュレーションを行います現象の正體を明らかにするための強力なツールを手にいれることができます現象數理學科で學ぶ4年間は1年目は基礎となる數學やコンピュータを中心に教養科目を幅広く學び2年目はモデリングとシミュレーション技術を學びながら専門分野へとつながる課題を見つけます3年目は研究室に所屬し専門性を高めつつ4年目は卒業研究で4年間の學びを社會に生かす実踐的な力を養います數學と情報技術を駆使して社會の問題解決に挑む世界をリードする最先端の教育研究拠點であなたの探究心や數學的センスを存分に発揮してください